オーストラリア教育制度

オーストラリア教育制度

初等・中等教育

オーストラリアの初等教育は、イヤー1(小学1年生)からイヤー6までです。 イヤー7(日本の中学1年生に相当)からが中等教育になり、 イヤー10(日本の高1に相当)までがJunior Secondary、 ここまで(15歳)が義務教育となります。ここからは、 イヤー11・12とSenior Secondaryに進むか、TAFE(3年制)などに進むかになります。 学校は州立と私立があり、初等。中等教育は、 各州の教育省の管轄となるため、5歳から就学しイヤー7までを初等教育にする州など、 州により多少の違いがある。私立校はキリスト教系の学校が多く、音楽やスポーツなど、 専門性の高いコースを持つ学校もあります。

後期中等教育とその後の高等教育

大学進学を希望する場合は、Senior Secondaryの2年間に日本の大学の一般教養課程に相当する科目を学び、 統一資格試験を受けることになる。この試験はニュー・サウス・ウエールズ州ではHSC(Higher School Certificate) と呼ぶが、ビクトリア州はVEC(Victorian Certificate of Education)、クイーンズランド州はSenior Certificateと、 州によって多少名称が違います。 また、オーストラリは高等職業教育VET (Vocational Education and Training)が非常に充実していることでも有名です。 テーフとよばれる州立のTAFE(Technical and Further Education)のほか、 私立のVETカレッジもたくさんあります。

オーストラリアの学期制と学年制度

オーストラリア学期制

学期は4学期制。1月末が学年始めで、12月中旬に修了。州によって多少違いはあるが、 各学期は、約10週間で、学期の間に2~3週間の休みがあり、夏休みは6週間が一般的です。

 

 

クイーズランド州は2学期制、タスマニア州は3学期制となります

オーストラリアの学年制度

 

 

 

→各国教育制度(TOP)

→その他の留学