アメリカ教育制度

アメリカ教育制度

自由と平等を重んじるアメリカ教育。 交換留学の発祥の地であり、古くから留学生の受入れ体制が充実している国です。 17世紀初めにニューイングランドに移住した清教徒の入植とともにアメリカ の教育の基礎がつくられて以来アメリカ独立革命後確立され現在の教育制度に至ります。 アメリカの民主主義の理念である自由と平等は、 現在のアメリカ教育制 度に根付いている。アメリカの教育制度は各州管轄であり、 学校毎に独自性や個性を持った学校にすることに積極的です。 学びたい学生に対し門戸が広く、誰に でも平等に学ぶための機会を与えてくれる国です。

 

教育制度

アメリカの学期制

学期制は州が学校によって異なるがセメスター制を取り入れてるところが多い。 中等教育までは州や市の教育委員会が管轄しているため、州、自治体によって教育制度は異なる。

 

 

アメリカの学年制度

アメリカの学年制度は、州によって、また私立公立によっても異なる上、 その学校独自の場合もある。高等学校から大学へ入学する際、 SAT試験(統一学力試験)とGPA(成績の平均スコア)をもって大学へ出願する。

 


 

→各国教育制度(TOP)

→アメリカ高校修了プログラム

→教師宅ホームステイ(アメリカ)

→その他の留学

→米国通信制高校(AJで取得)