コラム「ネガティブを拾うな」のお話(その1)

驚きました。ネット上には交通事故の現場や、災害で人が亡くなった写真などが、たくさんUPされているそうです。 AJに通うある男の子が、そのような写真を集めるのが好きで、よくスマホで見ていました。

 

その子は死体画像の他、世に言う「気持ち悪い」画像や動画を好んで見ており、彼の口から出る言葉も、ネガティブなものが多かったです。

 

 

昔から、「人の不幸は蜜の味」という言葉がある通り、人はネガティブな噂話やスキャンダラスなニュースが好きな生き物のようです。

 

「私はあの人たちより、まだマシだ。」と思うことにより、安心したいのでしょう。

 

他人の幸せ話なんて、聞きたくも見たくも無い。そういう人がとても多い。

 

「子どもの写真入り年賀状は、自粛すべきだ」という声は、年々大きくなっています。

「幸せ自慢」と思われるんですって。

 

一度、アメリカの友達に意見を求めましたが、「 Because they are “Japanese”」の一言が返ってきました。

 

「幸福感の自粛」が最も出るのが、「今年を表す漢字」だと思います。

 

「災」「震」「倒」「毒」「戦」「偽」・・・

 

とても笑顔になれる一字ではないですね。

 

人の幸せを自分のことのように喜び、自分の幸せも堂々と語れる世の中になって欲しいものです。

 

「ネガティブを拾うな」のお話(その2)につづく

 

 

株式会社 AJ 代表取締役 岩崎宗仁

 

AJ国際留学支援センター

・不登校・中退からの海外留学

AJインターナショナルアカデミー 

・留学準備講座・高卒認定資格予備校・米国通信制高校サポート校・フリースクール