コラム「大切な財産」のお話

 

AJにはネパール法人があります。日本語学校を運営し、日本への留学を希望する方のお手伝いをしていました。現在は残念ながら、2015年にカトマンズを襲った大地震の影響で、閉鎖中です。

 

2010年から数年間、私はアジア各地でセミナーを行っていました。

日本の文化や教育、魅力を伝えるセミナーです。テレビの討論会にも出演していました。

みなさん、私の話に熱心に耳を傾けてくれました。

 

私は学生時代はバックパッカーで、世界を気の向くままに旅をしていました。特にアジア各国はヒッチハイクや野宿をしながら周っていました。

 

「この辺りは、20年前と比べてだいぶ変わりましたね。でも食べ物の美味しさと女性の美しさは変わっていないので、安心しました(笑)。」なんて言うと、お堅いセミナーも一気にアイスブレイクできます。

 

ある日のこと。私はベトナム・ラオス国境の街でセミナーを行いました。会場には、日本に興味のある方がたくさん集まってくれました。

 

とても小さな街で、外国人がくることも珍しいとのこと。多くの人にとって、私が「はじめて会う日本人」になりました。

 

「先生はドラえもんを歌えますか?歌ってください!」なんて言われ、みんなと一緒にドラえもんを歌いました。

 

また、「先生はとってもハンサムですね!」と言われ、「あなたはとっても正直な人ですね!」と返しました(笑)

 

みなさん、決して流暢ではないですが、しっかり日本語を勉強しています。

 

そんな中、「尖閣諸島問題」の質問をされました。

 

「政治的な問題は嫌だな・・」と思っていたら、「尖閣諸島を日本国が個人から「購入」したそうですが、どういう意味ですか?日本人は、個人で土地を所有できるのですか?」

 

という質問でした。

 

 

社会主義国であるベトナムは、個人で土地を所有することは出来ません。

土地は国民の「共有資産」です。あくまでも、国から「貸してもらっている」だけ。

 

尖閣諸島を、なぜ国が個人から「購入」したのか。なぜ「出て行け」で済まないのか。

それが疑問だったようです。

 

 

日本では個人の財産は守られている。公共の福祉云々はありますが、個人できちんと土地という財産を保有することが出来る、と説明しました。

 

みなさん、たいへん驚いた表情をしていました。

 

がんばって貯めたお金も、手に入れた土地も、情勢の変化で奪われてしまう国って、少なくありません。

 

しかし、どんな国でも、どんな政治の下でも、決して奪われることの無い財産があります。

 

それが教育です。

 

 

得た知識、技術、教養、経験。

これらは誰にも奪われることの無い、大切な財産です。

 

今のうちに、きちんと勉強して、いろんな経験をして、視野を広げて、仲間をつくって。

どんなところでも生きていける。強い背骨、バックボーンを養ってください。

 

「児孫の為に美田を買わず」という言葉がありますね。

子どもや子孫のために、財産を残すと、それに頼り自立心が育まれない、という意味です。

 

親が子に残してあげられるのは、教育と経験。

考えるチカラを育て、一緒に楽しい思い出をいっぱい作ってあげる事だと、私は思います。

 

 

これから日本留学を目指す学生たちの目は、とてもキラキラしていました。

日本語を学び、日本の技術を学ぶことこそ、自分にとって大切な財産になることを、気付いたのでしょう。

 

 

株式会社 AJ 代表取締役 岩崎宗仁

 

AJ国際留学支援センター

・不登校・中退からの海外留学

AJインターナショナルアカデミー 

・留学準備講座・高卒認定資格予備校・米国通信制高校サポート校・フリースクール