コラム「必要な苦言」のお話 

さて、前回は「ストローク」のお話をしました。

「多くのポジティブなストロークを、周囲に与えよう」というお話でした。

 

今回は、「ネガティブなストロークも、たまには必要ですよ」というお話です。

 

 

みなさんの周りに、「八方美人」はいますか?

 

誰にでも人当たりよく、どんな意見にも同意し、すべてにおいて肯定的な反応をし、誰とも敵対することなく立ち振る舞う人です。

 

「誰かれ構わず、無条件ポジティブストローク大放出!」って感じですね。

 

 

一緒にいて、心地良いと感じることは多いでしょう。

しかし、どうでしょう?そういう人に、大切な相談事って、できますか?

 

「うちの旦那は、なにを作ってもウマいしか言わない」なんて愚痴を、私も聞いた事があります。

 

 

人間関係を良好に保つには、時には耳の痛い話も、相手にしてあげなくてはなりません。

 

相手にとって、その時は「ネガティブなストローク」かもしれませんね。

しかしそれは、相手のことを想ってこそ。いずれ「ポジティブなストローク」に変わります。

 

ここで言う「ネガティブ」とは、もちろん悪口ではなく苦言です。

 

では、ポジティブ発言とネガティブ発言、それぞれどれぐらいの比率で言えば良いのでしょうか?

それを「ロサダ比」と言います。

 

 

友達関係を良好に保つには、ポジティブ3に対し、ネガティブ1

恋人関係を良好に保つには、ポジティブ5に対し、ネガティブ1

 

良いことばかり言っても、信用されない、ということですね。

その限界が、ポジティブ13に対し、ネガティブ1だそうです。

 

ロサダ比の数字的根拠がイマイチよく分からないので、私はそこまで数字にはこだわっていません。

ただ、耳の痛いことも、友達なら、家族なら、大切な人だからこそ、言わないといけないと思っています。

 

 

苦言を言ってくれる友達こそ、本当の友達ですよ。

耳の痛いことを言われ、「カチン!」と来ることもあるでしょう。

時にはケンカに発展しちゃうかもしれません。

 

でも、ケンカして仲直りする行程も、人が最も成長出来るポイントの一つだと、私は思います。

 

 

 

株式会社 AJ 代表取締役 岩崎宗仁

 

AJ国際留学支援センター

・不登校・中退からの海外留学

AJインターナショナルアカデミー 

・留学準備講座・高卒認定資格予備校・米国通信制高校サポート校・フリースクール