コラム「考えることの意味」のお話 不登校・高校中退からの留学 不登校の子と親のために

AJには、「思考・表現」という授業があります。

あるトピックに関し、自分で考え、自分の言葉で表現する授業です。

 

例えば、「タバコが有害で、副流煙で周囲にも迷惑をかける。それならいっそのこと、政府はタバコ製造そのものを禁止すればいいと思う。」という意見について、「みんなはどう思う?」といった具合です。

 

A君「ポイ捨てとか、環境にも悪影響だし、禁止していいと思う。」

Bさん「体に悪いってこれだけ言われているんだから、禁止しない意味がわからない。」

 

など、しばらくは「禁止に賛成」の流れが続きます。

 

すると、C

「嗜好品に対して政府が禁止するのって、やっぱりおかしいと思う」

と、反対意見。

 

Dさんは「タバコの税収がなくなったら、困ることも出てくるんじゃないかしら?」と、これまた禁止に反対意見。

 

E君は「タバコを作っている人たちはどうなっちゃうの?失業者が増えたら、日本の経済が大変なことになる。」と、なるほど納得の意見も。

 

 

これは、タバコの有害性や個人の自由、税金、雇用問題などを勉強し、理解したうえで成り立つ議論です。

 

 

学ぶって、そういうことです。

 

知識をただ詰め込んだだけでは、ただ「知っている」だけで、自分の物にはなっていません。詰め込んだ知識を、「知性」や「教養」に変えていくには、やはり「考える」ことが大切です。

 

 

留学すると、クラス内でも意見を求められることがとても多いです。

「日本ではどうですか?」「あなたはどう思いますか?」

 

答えに詰まるのは、決して英語力だけの問題ではないと思います。

 

 

勉強した知識を自分の血や肉に変えるには、自分なりに「考える」必要があります。

今まで普通に見聞きしたニュースも、勉強したことをもとに自分なりに考えるようになると、また別の面が見えてきます。そして、勉強が面白くなってきます。

 

 

1995年の夏。私はアメリカを一人旅していました。

アメリカ南部を旅行中、60代ぐらいの黒人女性と知り合いました。

 

私は、「日本から来た留学生です。今、オレゴンの大学で勉強しています。」と伝えると、「恵まれているわね。私は20代まで、自分の名前と住所ぐらいしか文字が書けなかった。」と話しだしました。

 

南部を旅行中は、複数回、同じような話を聞きました。

 

その方は30歳から勉強をはじめ、がんばって高校卒業の資格を得たそうです。

 

とても「楽しかった」と、表現されていました。

 

そして、「“Peaceful”(平和な。安らかな。) という単語を勉強した時は、涙が出ました。」と、嬉しそうに話してくれました。

 

今まで自分の経験から知っていたことと、勉強して得た知識とが融合し、「世界が違って見えた。」と。

 

私は「詰め込み教育」を否定するつもりはありません。

ただ、詰め込んだ知識をちゃんと消化して、自分の体の一部にしようね、と思っています。

 

それには、しっかりと「考える」こと。自分の意見を持つこと。

 

テストでいい点を取るのも立派ですが、自分の考えで臨機応変に行動できるチカラを、身に着けて欲しいと思います。

 

 

 

株式会社 AJ 代表取締役 岩崎宗仁

 

AJでは、2001年の設立当初より、「グローバルな視点で物事を考え、自立し、臨機応変に行動できる人材育成する」をミッションに掲げています。

 

AJ国際留学支援センター

・不登校・中退からの海外留学

AJインターナショナルアカデミー 

・留学準備講座・高卒認定資格予備校・米国通信制高校サポート校・フリースクール